眼鏡越し

\\note「本屋しゃんの眼鏡越し」をはじめました//

投稿日:2020-04-01 更新日:

noteで本屋しゃんのおすすめ本、展覧会・・・etcの紹介をはじめました。
敷島書房の一條さんとの往復書簡「わたしたちの南方熊楠」とあわせて、ぜひ、よろしくお願いします。


「本屋しゃんの眼鏡越し」
本好きな人とアートが好きな人ってきっとつながると思う。
だから、本が好きな人に見てほしい展覧会、アートが好きな人にオススメしたい本を紹介したい。
だけど、わたしは批評家でも評論家でもないから「日記」として綴ろうと思う。
きっと体験の周辺も大切。あくまでも、わたしの眼鏡越しなんだけど。
https://note.com/honyashan
※「好き」を押していただくと、わたしの「バナナ」に関するメッセージが表示されます。もちろん、たくさんの感謝を込めて!

-眼鏡越し
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

\note「本屋しゃんの眼鏡越し」更新/情熱を注いでみんなを楽しくするべきだ!ーVanja Rukavina&Karel van Laere・BOKKO

note「本屋しゃんの眼鏡越し」を更新しました。 塞ぎ混んでしまいそうな毎日だから、オランダの友人の超HAPPYになれるパフォーマンスを投入です。 これで心も体も運動不足解消! 情熱を注いでみんなを楽 …

\\note「本屋しゃんの眼鏡越し」夫婦シリーズ企画始動//

わたしたち夫婦2人は夜な夜な家でふざけて踊る。 音楽は、だいたいt夫teshが選曲してくれる。 年の差もあるせいか、teshにとってはノスタルジックであっても、妻である本屋しゃんこと、しょうこにとって …

中の人が、いかにして20歳年上の彼と出会い、遠距離恋愛を経て、結婚したのか。実体験を元にした結婚の楽しみ方。
年の差、遠距離恋愛で悩めるみなさまの一助になれたらうれしいです。
http://tenro-in.com/mediagp/126102 #結婚 #遠距離 #天狼院書店

Load More...