本屋しゃんのほーむぺーじ

本好きとアート好きはきっと繋がることができると思うの。

ARTIST RECCOMEND WORKS アーティストサポート 展覧会 山口啓介

\開幕!生命の庭 −8人の現代作家が見つけた小宇宙@東京都庭園美術館/

投稿日:2020-10-17 更新日:


東京都庭園美術館のアプローチは最高に気持ちがいい。

8月。
夏盛りのある日。
正門をくぐり、ふと上を向くと青々とした木々の葉の隙間を太陽の光が通り抜け、生きとし生けるものを祝福するかのようにキラキラと輝いていました。

ちょうどそんな季節にカセットプラントの制作をはじめました。
カセットプラントは美術家・山口啓介さんの代表作のひとつ。
カセットケースに樹脂を流しこみ、そこにドライフラワーを封入し、ガラス面や透明な什器など、光を通す場所に設置します。絵画のようでもあり、立体作品でもあり、インスタレーションでもあり、設置される場所とつどつど響き合うプロジェクトのようでもある作品です。


はじめは、そんなカセットプラントの「素」をもくもくと作りました。
日々、届く色とりどり、形とりどりなお花たちの美しさをとどめるべくドライフラワーを作ります。作品の「素」の誕生です。



その後、完成したドライフラワーをひとつひとつカセットケースに入れます。カセットケースというセルに封入されたドライフラワーは、まさに作品の「細胞」のよう。



そんな細胞たちを、リズミカルに美術館のガラス面や、アクリル什器に貼っていきます。バラバラだった細胞がくっついていき、肉体が生まれ、ついに「作品」の完成です。いや、誕生と言ったほうが良いかもしれません。

貼って貼って貼りまくる。

 

山口啓介《花波ガラス》


10月。
秋がはじまり、もうすっかり寒くなり、扇風機を回しながら「素」を作っていた頃がすでに遠い昔のよう。

カセットプラントに外交が差し込むと、美術館の内と外が溶け合うかのようで、あちらとこちらの境界線がなくなるような感覚に陥ります。床に落ちる影も美しく、ゆらゆらキラキラする植物たちの影は、美術館が呼吸してるみたい。天気、時間、場所によって違う表情をみせてくれるカセットプラントは、作品をさまざまなな角度から楽しめるとともに、地球ともたくさんの接し方ができる。


 

 

 

いよいよ今日、10月17日から「生命の庭 ー8人の現代作家が見つけた小宇宙」が開幕です。


カセットプラントは東京都庭園美術館に溶け込み、アール・デコ様式の邸宅にあたかもずっとそこにあったかのように、邸宅と一緒に呼吸をしながら、みなさんをお待ちしています。 

 

山口啓介さんの大きな大きなドローイング、それとは対照的に3.11後から毎日書き続けているとても緻密な「震災後ノート」、そして大地から生命力を吸い上げたような版画作品もどうぞお見逃しなく。画面越しでは体感し得ない、絵画の厚みや、凹み、てかり、勢い……に感動を隠せません。 



今回の展覧会は、8名の現代作家さんが参加されています。みなさんの作品どのように、東京都庭園美術館という空間に応え、溶け合っているか、ぜひ体験してください。本屋しゃんは、何周も何周もしてしまいました。その都度、新しい発見があるから。「生命の庭 ー8人の現代作家が見つけた小宇宙」をよろしくお願いします!


展覧会情報

生命の庭 −8人の現代作家が見つけた小宇宙
2020/10/17(土)– 2021/1/12(火)
処:東京都庭園美術館

https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/201017-210112_GardenOfLife.html

関連記事

\アーティストを支える仕事:山口啓介「カセットプラント」/


Follow me!

-ARTIST, RECCOMEND, WORKS, アーティストサポート, 展覧会, 山口啓介
-, , ,

執筆者:

関連記事

\アズキは甘くておいしいだけじゃない/

本屋しゃんは、クリーム?あんこ?どっちが好き?と聞かれたら、迷うことなく「あんこ」です。洋菓子?和菓子?と聞かれたら、迷うことなく「和菓子」です。 新潟名物 笹団子 新潟の笹団子はもちろん、年に一度、 …

\本屋しゃんおすすめ展覧会:「大山エンリコイサム展 夜光雲」@神奈川県民ホールギャラリー 〜2021年1月23日/

さすが、海の街。ばかさぁめ。あ、「とても寒い」という意味。地元・新潟の方言。 日本大通り駅を出るとすでにあたりはすでに暗くなり、冬らしい夕刻の空が広がっていました。昼から夜へ変わる、中間の時。あたたか …

\新しい選者さん:新潟・市民映画館 シネ・ウインドの支配人 井上経久さんーオンラインブックフェア 映画「タゴール・ソングス」誕生記念ー 100年後に、この本を心を込めて読む、あなたは誰ですか?/

本屋しゃんがコロナ禍中で、何ができるだろう……と考えてスタートさせたオンラインブックフェア 。 《ONLINEブックフェアとは》インターネット上で開催するブックフェアです。毎回ひとつ「テーマ」を設定し …

\本屋しゃんの旅−岡山の「スロウな本屋」ではじめ人間の感覚を研ぎ澄ませた(勝手に選書付)/

倉敷の蟲文庫さんを後にして、昨日出会ったおばあちゃんたちに教えてもらった地元民御用達のうどん&そば屋「志乃屋」さんで腹ごしらえ。さほど広くない店内は、ご近所で働いていると思しきおじさまがたで賑 …

\アロマ書房さんにお気に入りの一冊をアロマに翻訳してもらう/

ずーーーーーっと気になっていた、アロマ書房さんの「お気に入りの一冊の香り」。いろんな本を香り/アロマに翻訳してくれるの。2020年ハロウィンの日!念願のお気に入りの一冊でアロマブレンドを考えていただき …