本屋しゃんのほーむぺーじ

本好きとアート好きはきっと繋がることができると思うの。

ARTIST BLOG RECCOMEND 展覧会 本/ZINE

\ワタリドリ計画と深川の街をお散歩じゃ〜。「MOTサテライト2020 ハイファイブ–こころのこえ」〜2021/2/14/

投稿日:2021-02-12 更新日:

麻生知子さんの絵本『こたつ』(福音館書店)がとてもお気に入りになりました。


そこで、他にも絵本を読んでみたいな〜と調べていたら……麻生さんと武内明子さんが「ワタリドリ計画」というアートプロジェクトをされていることを知る。もはや風来坊タイプで、旅好きのわたしにとって「ワタリドリ」という名のプロジェクトに興味が惹かれないわけがない。

しかもですよ!!今、まさに東京都現代美術館の企画「MOT サテライト2020」で、ワタリドリ計画が展示中とのこと。同企画は、美術館が周辺の地域とつながって、街の魅力を掘りおこすぞ〜!というシリーズ。街の真ん中に美術館があって、そこを拠点に、さまざまななアーティストさんの視点で、方法で街の魅力が発掘、発信されていくって、ステキだなあ。その街に住んでいる人でも気づいていなかった街の表情にも出会えるんだろうなあって想像できる。

今回のサテライトのコンセプトは「ハイファイブ」そして「こころのこえ」。


嗚呼、なんてタイムリーなのでしょう。本屋しゃん宅から東京都現代美術館へは、東京スカイツリーラインを使ってひょいと行ける距離感だ。

次の瞬間にはすでに玄関のドアを開けて清澄白河へと向かっていた。
思い立ったらすぐに動いてしまう落ち着きのなさよ。風来坊よ。

麻生さんと武内さんのお2人は、展示の場所と作品の題材を求めて日本全国を飛びまわる。展示する場所が決まったら、その土地を旅して、そこでの体験をもとに、展示のテーマを決めて、作品を作って、展示をするんだって。そんな姿と様子は、まさに渡り鳥があたたかい場所や食べ物を求めて次々と飛んで旅するかのよう。だから「ワタリドリ計画」

場所を大切にする作品制作のかたち。渡鳥の行く先はもしかしたら偶然かもしれないけれど、その偶然はいつしか、この場所で作品制作すること、この場所で展示することへの必然性に変わって、とても強くなると思う。いいなあ。

東京都現代美術館での展示は、美術館が位置する「清澄白河」をはじめ、深川界隈が舞台でありテーマ。ミュージアムショップ ナディッフのホワイエと、地下1階の情報コーナーの2箇所で展示されていたよ。

1階の展示風景

窓ガラスに一面には、深川界隈のカルタがずらり!!

レバーとタン串片手に酔っ払いたいなあ。

読み札のイラストレーションとそこに書き添えられたお2人のつぶやきを読んでいると、まさに一緒に旅している気持ちになれちゃうの。旅先っていろいろ心の中でつぶやいちゃいますよねえ。わかる。ほっこりしてくる。

絵札も見逃すなかれ、というかよ〜く目を凝らしてほしいの。これは写真をパシャりと撮っただけではないのですよ。これは、「ワタリドリ計画」のお2人の共同制作作品「手彩色絵はがき」なの。モノクロで撮影した写真に油彩などで彩色をしているの!!

なんでしょうか。この気持ちは。写真と絵が溶け合って、過去と現代が溶け合って、いつのどこにいるのか不思議な気持ちになる。旅をしたのは過去だからモノクロの世界かもしれないけれど、旅を思い出しているのは今だからカラーの世界。旅をしている時は写真でパシャりと、その一瞬を記録をしたけど、絵を描くように、色や形、その時の空気なんかをゆっくりじっくり思い出す。あっちに行ったりこっちに来たり、渡り鳥だなあ。

カルタだけじゃないよ。木彫りもあるし、陶芸もあるし、お2人の絵画作品もあるし、いろんな素材を通じて、深川旅の思い出が立体的に浮かび上がってました。もう、楽しい楽しい。

地下にはこれまでに旅されたところで制作された「手彩色絵はがき」と「こたつ」!こたつ〜〜〜。わたしの地元・新潟も旅されていて、勝手に親近感。

ガイドブックを広げれば、深川の街のオススメを知るのに困ることはない。
だけど、麻生さんと武内さんの「こえ」を通じて、紹介してもらうことで「オススメ」は単なる情報ではなくなって、途端に生き生きとしてくる。血が通うかのよう。情報を編集する上で、個々人の「こえ」は不要なものとして、いらないものとして切り捨てられてしまうことが多いでしょう。だけど、そこにこそ、拾うべき感動とか、感触とかが漂っていて大切だよなって思った。

ちなみに……芭蕉そばが無償に食べたくなったので、お2人の足跡をたどりながら、また近々、深川界隈をお散歩してみようと思います。

最近、川柳をはじめたわたしですので、と言っても、今だに川柳と俳句との違いもわかっていませんが……芭蕉さんに挨拶します。

ナディッフさんで手彩色絵はがきと『ワタリドリの本』を購入し、お家でも旅の続きを楽しみます。

上:熊本のくすり湯 下:新潟の佐渡金山跡

追伸
そういえばさ、麻生さんの絵本『こたつ』の隅々に目をこらすと「渡り鳥」がいるんだよねえ。にくいな〜〜〜。

展覧会情報

MOTサテライト2020 
ハイファイブ-こころのこえ

会期:2021年1月13日(水)- 2月14日(日)
処:東京都現代美術館
入場無料

※詳細は美術館のWEBサイトをご覧ください

https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/mot-satellite-2020/

ワタリドリ計画について

ワタリドリ計画 公式WEBサイトはこちら

http://www.wataridori-keikaku.net/index.html

手彩絵葉書がズラ〜っと拝見できたりと、楽しいです^^


これまでの旅な記事

Follow me!

-ARTIST, BLOG, RECCOMEND, 展覧会, 本/ZINE
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

\その道も、昔々に恐竜が歩いていたのかも/

卵の殻を砕いて、自分で描いた絵に貼り付ける。 すると、恐竜の骨っぽさが増す!! 小学生の頃、恐竜博士になる!なんて言っていた時期もあった本屋しゃんです。自分で恐竜図鑑が作りたくて、スケッチブックにいろ …

\なぜ、買ったの、その作品?−本屋しゃんおすすめ展覧会「ワンピース倶楽部VOL.13 はじめてかもしれない」/

ごきげんよう。秋が深まりつつある今日この頃、いかがお過ごしですか。ついこの間まで、生足を出してきていたワンピース。今日はワンピースの下にレギンスを下に履いてお出かけしました。それでもなんだか寒かったな …

\本屋しゃんの旅-おのおの倉敷の太陽に集まって。夕方のアンデルセン広場と早朝の美観地区(勝手に選書付)/

倉敷に着いたのは夕刻。尾道から倉敷は山陽本線で1時間ちょっと。学生さんやお仕事帰りの方たちに混ざって電車に揺られる。スタバの新作のなんちゃらフラペチーノがおいしいとか、テストの点数が散々だったとか、部 …

\冨田美穂さんが描く「牛」− やわらかくてたくましいいのちと凛とした空気/

ある日、冨田美穂さんの「牛」がわたしのtwitterのタイムラインに流れてきました。思わずスクロールする手が止まる。画面越しだけど、わたしはその「牛」から目が離せなくなってしまいました。 冨田さんは、 …

\本屋しゃんおすすめ展覧会:小瀬古文庫個展「擬態するデザイン #2」@下北沢・BOOKSHOP TRAVELLER〜12/20→12/22(勝手に選書付)/

本屋しゃんも間借りでお世話になっている、下北沢の本屋のアンテナショップ BOOKSHOP TRAVELLERは2020年7月にバロンデッセの3階に移転してからギャラリー活動も精力的で、ガシガシと魅力的 …