本屋しゃんのほーむぺーじ

本好きとアート好きはきっと繋がることができると思うの。

ARTIST BLOG RECCOMEND 展覧会

\本屋しゃんおすすめ展覧会:金巻 芳俊「空蝉センシビリティ」前期:版画・ドローイング〜2021/2/17@FUMA Contemporary Tokyo/

投稿日:2021-02-13 更新日:

彫刻家の金巻芳俊さんの作品を見ると、地面から足がふわっと浮き上がる感覚になる。きっと、いろいろな「時間」と「空間」が、さまざまな「次元」が一度に目の前に立ち現れるからかなって思っている。わたし、今、どこにいるんだろうという感覚とともに、金巻さんの彫刻のように自分の体が重層的になっていくんだ。デュシャンの《階段を降りる裸体 No.2》のような。いや、いやいや、それともまた違うなあ。肉体だけじゃないんですよね、いろんな感情が同時に沸き起こる不思議。

今、八丁堀に位置するギャラリーFUMA Contemporary Tokyoで金巻さんの日本では4年ぶりとなる個展「空蝉センシビリティ」が開催中。前期と後期の2期開催で、前期は版画とドローイング作品が中心に展示されています。

ギャラリーは八丁堀の駅からすぐ!ビルの中に入るとエレベーターが2つあるんだけど、奥のエレベーターを使うべし。手前のは8階までしかいかないよ〜。

万華鏡を覗いたかのような、プリズムシリーズは、木彫の構想画。つまり……これをもとに、木彫を制作されるということだよね。「!!!」これがどうやって立体化になるんだーーーと興味津々です。

ふと、自分の学生時代を思い出した。
大学生の頃、哲学を学んでいたのですが、単位にならずとも美術の授業に積極的に潜り込んでいました(笑)。その中で、絵画を立体化してみようという授業があったの。好きな絵を立体化するの。わたしが選んだのはマティスの《ダンスⅠ》。MoMA所蔵の作品です。

アンリ・マティス《ダンスI》2013年に本屋しゃんがニューヨークを訪れた時に撮影。

まあ、マティスが好きというのもあったし、立体化する上で細かすぎる絵は、わたしの技量には向かないというのもあったし、何より、立体化するときにおもしろくなる作品を考えて、《ダンスⅠ》を選びました。きっと三次元にするには、躍動感あふれたほうが楽しいだろうと。

シンプルな形だから、簡単簡単と高を括っていましたが、ところがどっこいでした。だって、裏側見えないし。どんな厚さなんだろう、目線はどこを向いているんだろう、え、この足はどう曲がっているんだ……二次元の絵画から頭をフル回転して頑張って想像していきます。結果、自分ではなかなかお気に入りの《ダンスⅠ》の三次元化ができたのですが、大変だった〜(ただ、めっちゃ楽しかったです)。まあ、学生の頃の、しかも美大生でもなんでもないわたしのささやかな経験の思い出話なのですが……さらっと、二次元を三次元に!っていうけど、とっても難しい変換なの。

これまでに、トリメガ研究所さん企画の「めがねと旅する美術」展、台湾での「美少女の美術史」展、さらに、平櫛田中邸で開催された木彫の今を発信する展覧会「木学XILOLOGY」などで金巻さんの木彫の作品を楽しませていただいているんだけど、こんなにたくさんのドローイングや版画を拝見したのははじめてでした。そうか、金巻さんがいかにして二次元を三次元にしているのか、その変換の過程を覗くことができたかのようで感動的でした。


地面から足がふわっと浮き上がりながら、後にする画廊。

わたしは1人だけど、1人じゃないんだ、な。
節々の細胞が蠢いた、気がしたわ。

展覧会情報

金巻 芳俊
空蝉センシビリティ

前期:2月6日 (土) - 2月17日 (水) | 版画・ドローイング作品
後期:2月20日 (土) - 3月6日 (土) | 木彫作品

会場:FUMA Contemporary Tokyo

※詳細はギャラリーのWEBページをご覧ください。

http://bunkyo-art.co.jp/press/Yoshitoshi_Kanemaki_2021.html

Follow me!

-ARTIST, BLOG, RECCOMEND, 展覧会
-, , ,

執筆者:

関連記事

\脳がパカーって開いて、考えることが楽しくなりすぎる本。:藤原麻里菜さん『考える術 人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』(ダイヤモンド社)/

発明家で映像クリエーターの藤原麻里菜さん。わたしは、藤原さんの「無駄づくり」が大好き。無駄を考えるプロフェッショナル。 効率的に!合理的に!が良しとされることが大半の現代。「無駄」はどんどん排除され、 …

\更新!入り江わにさんと「川柳」を楽しむ 第3弾−連載シリーズ「あなたの『好き』をぶつけてください」/

本屋しゃんがメディアプラットフォーム「note」で行っているプロジェクト「あなたの『好き』をぶつけてください」。一番はじめに、「好き」をぶつけてきてくださったのが、今ではわたしの川柳の師匠 ! 入り江 …

\かっこいい名前にきゅんときたのが出会いだった:命名80周年記念 企画展「メタセコイア -生きている化石は語る」〜2021/4/4@国立科学博物館/

広島では3月11日に桜の開花宣言がありましたね〜。春がじわじわとやってきてますね。上野公園では寒緋桜(かんひさくら)がたっぷり咲いていました。寒い時期に緋色の花を咲かせるから寒緋桜。空の青と鮮やかな緋 …

\本で楽しむ「生命の庭」展@東京都庭園美術館−公式図録『生命の庭−8人の現代作家が見つけた小宇宙』(青幻舎)/

本屋しゃんが、山口啓介さんのカセットプラントの制作アシスタントをさせていただいた「生命の庭ー8人の現代作家が見つけた小宇宙」展@東京都庭園美術館の公式図録ができました。 手にとって、美しい装丁にはっと …

\本屋しゃんの旅−倉敷の本屋さん「蟲文庫」さんは、駄菓子屋さんみたいで、ヴンダーカンマーみたいで。(勝手に選書付)/

名残惜しいけど、そろそろホテルをチェックアウトしないと。何故だろう。来るときはぴったり入っていた荷物が入らない。これは旅の帰りのあるある不思議現象だ。自分の全体重をスーツケースにかけてなんとか圧縮させ …