本屋しゃんのほーむぺーじ

本好きとアート好きはきっと繋がることができると思うの。

BLOG bookshoptraveller EVENT STORE WORKS ブックフェア

\BIG THANKS!MEGUMI MASUKOさん、teshnakamuraさん:ビジネス&カルチャーブック『tattva』創刊記念ブックフェア@BOOKSHOP TRAVELLER/

投稿日:

下北沢の本屋さん BOOKSHOP TRAVELLERで開催中の「ビジネス&カルチャーブック『tattva』創刊記念ブックフェア − BOOKSHOP TRAVELLER の店主たちが選ぶ『なやむをなやむのはきっといいこと』という気持ちに寄り添う本」。このブックフェアでは、BOOKSHOP TRAVELLERを間借りしている店主さんたちに、『tattva』創刊号のテーマ「なやむをなやむのはきっといいこと」から着想を得て選書していただいた本をご紹介しています(もちろんご購入いただけますよ〜)。

ぜひ、店頭で誰がどんな本を選んだのかをご覧いただきたい!!のですが、世界の状況がそれを阻むので……本屋しゃんのほーむぺーじで、数回に分けて選者のみなさんの選書&選書コメントをご紹介してきました。

今回は、本フェアを実際に作る際に力を貸してくれたみなさんをご紹介!
本屋しゃんは、在野でひとりで活動をしていますが、たくさんの方に支えていただいているからこそ!なのです。今回のフェアも、よっしゃ!手伝うよ〜とステキな仲間が手を上げて、設営をお手伝いしてくれました。もう、足を向けて眠れない〜。ありがとうございます。


MEGUMI MASUKOさん

MEGUMI MASUKOさんはジャンルにとらわれず、多彩に活躍されているアーティスト。ドラム、アート、デザイン、ZINE……etc。さらに、videographerとして、本屋しゃんの活動の記録動画を制作をしてくれています(実は存在する本屋しゃんyoutube https://www.youtube.com/channel/UCrlLH-Shr4aAGafLPuakALw)。「センス」が抜群で、音でも、ヴィジュアルでも、MEGUMIさんの作るものに触れると、心がいい具合にえぐられます。心の隙間にすんっと入り込んできて、その隙間をクリエイティヴなエネルギーでうめてくれる感じ。今回のフェア作りも、本屋しゃんだけでは思いつかない良いアイディアをバシバシ提案してくれました。嬉しいなあ。
巷では、あたたかいお人柄から、女神のようだと崇められ(笑)、めがみんの愛称で、愛されてます。『tattva』創刊記念フェアの記録動画も楽しみだな〜〜。MEGUMIさんは日々instagramを更新されているので要チェック。

instagram: https://www.instagram.com/masuko_megumi/

teshnakamuraさん

もうお一人お手伝いいただいたのは、teshnakamuraさん。謝謝!
東京を拠点に活動中のGenerative Artist /Computer Programmerです。
フェアでは、壁のポスター貼りをもくもくお手伝いしてくれました。壁デザイン担当。ランダムな感じが、どこかの街の路地裏感があって、本屋しゃんは気に入っています。

「Never painting painter」として鉛筆や絵筆、絵の具、キャンバス、さらにドローイングソフトやフォトレタッチソフトなどを一切つかわず、プログラミングだけで絵を描き続けています。teshnakamuraさんのInstagramでは、毎日!「プログラミングという無機的なプロセスから生み出される生命体」が発表されています。

プログラミングだけで描かれる絵?! 生命体?! 本屋しゃんは、無機的なプロセスから誕生をしているのに、やわらかそうに見えたり、生命体の細胞に吸い込まれてどこまで潜り込んでいってしまいそうな不思議な感覚に襲われます。さらに、絵を描くとは、生命とは、とさまざまな考察をもたらしてくれるのです。ぜひ、instagramで日々誕生している「生命体」に出会ってください〜。

instagram: https://www.instagram.com/teshnakamura/
facebook: www.facebook.com/teshnakamura
CollectionBooks:https://amzn.to/2Lduv6p
SUZURI: https://suzuri.jp/A_day_in_asia

A day in Asia 20210304 RecursiveCompound DigitalMicroscope version
Asia with Multi-Standard 20210428 RecursiveCompoundDigitalMicroscope version

MEGUMI MASUKOさん、teshnakamuraさん、フェアづくりにご協力いただきありがとうございました!店頭で、どのようなフェアになっているか体験していただけたら嬉しいです。

選書にご協力いただいたみなさんのご紹介はこちら〜。

ブックフェア詳細

ビジネス&カルチャーブック『tattva』 創刊記念ブックフェア
BOOKSHOP TRAVELLER メンバーが選ぶ
「なやむをなやむのはきっといいこと」 という気持ちに寄り添う本

会期:2021年5/3(月)〜5/31(月)12:00〜19:00
※水・木休み。定休日でも店主がいる場合はオープンするので、BOOKSHOP TRAVELLER 各種SNSで最新情報をご確認ください。
会場:BOOKSHOP TRAVELLER内
   前期 5/3(月)〜5月23日(日)ギャラリーC(店内入ってすぐ右側)
   後期 5/24(月)〜5月31日(月)店内一番奥のフェアコーナー
住所:155-0031 東京都世田谷区北沢2丁目30−11BALLOND’ESSAI ART GALLERY 3F 奥(https://wakkyhr.wixsite.com/bookshoptraveller

協力:株式会社BOOTLEG
企画・主催:本屋しゃん

詳細はこちら

Follow me!

-BLOG, bookshoptraveller, EVENT, STORE, WORKS, ブックフェア
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

\人が集まる場所っていいなあ。あったかいなあ。−麻生知子『こたつ』(福音館書店)/

こたつ。最後に入ったのはいつだろう。ん〜〜〜、全く思い出せない。小さい頃、新潟の西蒲原郡というところに住んでいた。そこにはこたつがあった。新潟らしい、静かにしんしんと降る雪を窓からぼーっと眺めながら、 …

\本で楽しむ「生命の庭」展−山口啓介『後むきに前に歩く』(BlueSheap)/

展覧会を楽しんだ後に、ミュージアムショップで図録やアーティストの関連書を買って、さらにお家で楽しむ! という方も多いのでは?本屋しゃんもそのひとり。展覧会会場にいる際は、全身で作品を感じ取ることと、自 …

\「外の目で中から見る日本」−Erica Ward Solo Exhibition@Atelier485 柴又〜2021年6月20日/

アーティスト エリカ・ワードさんとの出会いは、わたしがエリカさんの作品集『路線図色』に惚れ込んだことがきっかけでした。 本書は、銀座線、丸ノ内線、日比谷線、東西線、浅草線……など、東京の生活で欠かすこ …

\本屋しゃんおすすめ展覧会:エリカ・ワード個展「盆栽」~2021年12月12日@高円寺・BLANK

久しぶりの高円寺。この間、柳家あお馬さんの「個展らくごの会」以来だな。つまり夏以来か。吉祥寺に住んでいたころは、結構遊びに来ていた。キタコレビルには通ったなあ。シベリヤをはじめて買ったのも高円寺だった …

\お返事出しました:17通目のお手紙。敷島書房さんとの往復書簡「わたしたちの南方熊楠」/

おやおや12月になったようです。2021年も残すところ1か月ですね。毎年毎年、いや毎日毎日、時間が経つのは早いなあとか言っちゃってるので、もっとどっじり構えていたい本屋しゃんです。2021年も最後まで …