本屋しゃんのほーむぺーじ

本好きとアート好きはきっと繋がることができると思うの。

BLOG ON THE NET RECCOMEND オンラインストア 展覧会 本/ZINE

\いっぱいいっぱいありがとうございました!「忘れられた江戸絵画史の本流」展「江戸狩野派の古典学習」展図録のこと/

投稿日:2021-07-07 更新日:

ご縁あって、静岡県立美術館で開催された「忘れられた江戸絵画史の本流」展「江戸狩野派の古典学習」展図録を販売させていただくことになった本屋しゃん。まずはご報告を。再再再入荷までさせていただきましたが、全て完売となりました。本当にたくさんの方にご購入いただき心より感謝申しあげます。

https://honyashan.thebase.in/items/46135494



本屋しゃんは、書店員時代に、日本全国の図録のバイヤー(バイヤーとかいうとかっこい良すぎてムズムズするね)をしていました。日本美術の棚を担当していましたが、古今東西関係なく、お客様に届けたい!素敵な展覧会を図録を通じて知っていただきたい!そもそも本としてめっちゃ素敵な図録じゃ!と、ビビビッときた図録は積極的に仕入れるように努めていました。中でも、地方の美術館の図録をもっともっと届けたいという思いが強かったです。そこで、静岡県立美術館の図録も取り扱わせていただいていました。2017年の「美しき庭園画の世界」展(http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/exhibition/detail/31)、そして2018年の「幕末狩野派」展(http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/exhibition/detail/46)の図録です。どちらも気骨ある図録で、仕入れさせていただき、販売させていただいたことがとても嬉しかったことをよく覚えています。

さらに遡ると……わたしと静岡県立美術館の縁は、川西由里さん(島根県立石見美術館)、工藤健志さん(青森県立美術館)、村上敬さん(静岡県立美術館)の3名による視覚文化研究チーム。視覚文化研究チーム「トリメガ研究所」との出会いにはじまりました。はじめて、トリメガさんを知ったのは「美少女の美術史」展。地方の3つの美術館の学芸員さんがチームを組んで展覧会を企画?! なんておもしろい&展覧会や美術館の可能性を深める活動なんだ! と感動し、以降、光栄なことにトリメガさんのトークイベントを企画させていただいたりしています。

そんな、さまざまなご縁が重なって、この度、「忘れられた江戸絵画史の本流」展「江戸狩野派の古典学習」展図録を販売させていただきました。ニコニコ美術館にて、本展がフィーチャーされた際に、みなさまのあたたかい計らいで「本屋しゃんのお店で図録が買えるよ〜〜」とご紹介いただき心より感謝です。そして、初回入荷分はほぼ瞬殺、再入荷も再再入荷も、再再再入荷分もすぐに売り切れるという勢いでした。お客様にはご迷惑をおかけしてしまい申し訳ない気持ちとともに、それでも再入荷を待って、本屋しゃんのお店を選んでご購入いただけたことが嬉しかったです。



現在、わたしは「本屋しゃん」という屋号でひとりで活動をしています。そんな本屋しゃんの活動のひとつが「本屋さん」です。書店に務めていた頃とは違い、場所などの物理的な障壁、体力や時間など自分自身の限界を感じることも多く、たまにくじけそうになることも……。しかし、今回、ひとりだからこそできること、小回りが効くことも大切ということを感じることができ、多くのことを学ばせていただきました。ひとりだからできないのではなく、ひとりだからこそできることもある。いや、正確にはひとりではないんですけどね。たくさんたくさんの方に支えられていることは重々承知していますし、感謝しかありません。

再再再入荷までで、本屋しゃんが仕入れさせていただいた冊数はヒミツとさせていただきますが、納品の段ボールを開けるごとにとても幸せな気持ちになりました。書店員時代は、毎朝、数百冊の本をダンボールから取り出して、配架をしていたのですが、その時の喜びがフッと蘇ったのでしょう。大変だけど、愛おしい大変さなのです。

兎にも角にも、みなさまに御礼を伝えたくて、今の想いを書きました。
素晴らしい展覧会の素晴らしい図録をみなさまの元にお届けできたことが幸せでした。みなみなさまに心より感謝です。

「忘れられた江戸絵画史の本流」展&「江戸狩野派の古典学習」展は、静岡県立美術館さんならではの、ここでしかできない、ここだからこそできた展覧会だったのではないでしょうか。わたしもいちアートファンとして静岡県立美術館さんのこれからの活動もとっても楽しみです!


本屋しゃんも、今回の件で図録バイヤー魂が再燃したので、ひとりだからこそできることを丁寧に考えながら、美術館とお客様の架け橋になることができるように、走り続けようと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

デザイン:川添英昭
制作・印刷:ライブアートブックス
内容はもちろん、デザインも印刷も最高です!

追記(2021.07.16)

本図録に、以下の正誤表の通り、誤りがあったことを静岡県立美術館より連絡いただきましたので、みなさまに共有いたします。お手数おかけし恐縮ですが、正誤表をダウンロードのうえ、ご参照ください。

静岡県立美術館お知らせページ↓http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/news/detail/226

正誤表↓http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/uploads/files/%E6%AD%A3%E8%AA%A4%E8%A1%A8%286%29.pdf
なお、正誤表に関するお問い合わせは、お手数ですが、美術館に直接ご連絡をお願いします。

展覧会情報

忘れられた江戸絵画史の本流—江戸狩野派の250年

会期:2021年05月22日(土)〜2021年06月27日(日) 【終了】
会場:静岡県立美術館

http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/exhibition/detail/76

江戸狩野派の古典学習—その基盤と広がり


会期:2021年05月18日(火)〜2021年06月27日(日) 【終了】
会場:静岡県立美術館

http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/exhibition/detail/79

本展は終了していますが、ニコニコ美術館のアーカイヴ動画で楽しむことができます。ぜひ!

https://live.nicovideo.jp/watch/lv332367162


Follow me!

-BLOG, ON THE NET, RECCOMEND, オンラインストア, 展覧会, 本/ZINE
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

\本でも楽しむ千葉市美術館の展覧会:「大・タイガー立石展 POP-ARTの魔術師」〜2021年7月4日/

絵画、陶彫、マンガ、絵本、イラストなどのジャンルを縦横無尽に横断しながら独創的な世界を展開した立石紘一、ことタイガー立石、こと立石大河亞(1941-98)(千葉時美術館WEBサイトより)すごい、紹介文 …

\パープルームギャラリーの図録がBATICAに仲間入り/

本屋しゃんが選書を担当している千葉市美術館のミュージアムショップ BATICAに、パープルームギャラリーの図録がどど〜んと仲間入りしました!! 開催順に並べればいいものの、順不同で失礼します。 バック …

\耕す仕事:内田ユイ「CEL CULTURE」〜2021/7/8@/

暑くてじと〜っとした一日でした。もう夏が来たのかも、そんな気持ちになりました。 久しぶりにやって来た日比谷。実は1年くらい務めていたことがあり、休憩時間は必ずと言っていいほど日比谷公園でぼーっと草木を …

\鷲見麿の 画家として最後の個展の図録/

2020年8月21日〜30日まで京都のギャラリーKUNST ARZTで鷲見 麿 の画家として“最後“の個展として開催された「新・聖なるファティア/New Sacred Fatiah」の図録が、本屋しゃ …

\本屋しゃんおすすめ展覧会:「柏飛行場と秋水 – 柏の葉 1945-2020」(企画:八谷和彦)@柏の葉 T-SITE〜12/20(勝手に選書付)/

本屋しゃんが住む街「北千住」は、つくばエクスプレスが通っている。略称「TX」。ただし、わたしはあまり乗ったことがない。「つくば」へ、粘菌の標本を見に行くぞ〜〜〜!縄文時代の骨を見に行くぞ〜〜〜!という …