本屋しゃんのほーむぺーじ

本好きとアート好きはきっと繋がることができると思うの。

ARTIST BLOG RECCOMEND 展覧会

\耕す仕事:内田ユイ「CEL CULTURE」〜2021/7/8@/

投稿日:

暑くてじと〜っとした一日でした。
もう夏が来たのかも、そんな気持ちになりました。

久しぶりにやって来た日比谷。
実は1年くらい務めていたことがあり、休憩時間は必ずと言っていいほど日比谷公園でぼーっと草木を眺めてましたねえ。

今日は、帝国ホテルプラザ内にあるMEDEL GALLERY SHUで開催中の内田ユイさんの個展「CEL CULTURE」に伺いました。

本展は、2021年2月にLIGHT HOUSE GALLERY・両国で開催された個展「CEL DIVISION」から続いていて、今回もタイトルは細胞培養(Cell Culture)を変換した造語です。



おちる影までもが美しくて、ハッと息を飲みました。
セル画がぐにゃりと折り畳まれ、襞がうまれて、立体になって、影ができる。
二次元には影は描かないと生まれないけれど、こうして連続性が折りたたまれることで、影を通じて現実の世界と溶け合うんだなあ。

細胞分裂を繰り返す。
今日のわたしはもういなくなる。
明日のわたしは別人だ。
そうやって、日々新しい物語がはじまってるんだな。
気づかないうちに。


きっと、昨日のわたしもどこかに折り畳まれて、わたしの中で襞になっているのかもしれない。

本展のタイトルにもちいられている「culture」という単語。
「culture」は「耕す、手入れをする」を意味するラテン語の「Colere」に由来してることを、本展の内田さんのステイトメントではじめて知りました。

それがね、自分の仕事に対する考え方と同じでストンと腑に落ちた。

わたしは、千葉市美術館のミュージアムショップ BATICAの選書、そして本棚づくりを担当しています。月に最低一回はお店に行って、品出しをしたり、本棚をメンテナンスしています。この本棚をメンテナンスすることを、わたしは「本棚を耕す」と呼んでいます。田畑を耕すように本棚を耕すんだ、育てるんだ。という気持ちで。

https://honyashan.com/archives/tag/%e5%8d%83%e8%91%89%e5%b8%82%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%a4%a8



本展に出会えて、ああ、やっぱり本棚は耕すものだなって改めて思った。
ひとつひとつの本がセルかもしれない。
それが本棚に並ぶことによって一冊の時にはなかった意味や文脈、物語が生まれる。本棚が田畑かな。わたしが、それを耕して、その文脈が停滞しないように、さらに新しい物語を生み出すように育てていく。誰かがその本棚をみたり、そこから一冊手にとってみたりすることで、また耕されていくんだよね。

これからも、誰かに新しく何かを見出してもらえるように、誰かの物語が前進するお手伝いができるように、丁寧に耕していこうと思いました。

まさか、自分の仕事への気づきがあるとは思ってもいなかったけど、まさに、わたしの思考を耕し、細胞分裂を促し、新しい物語に誘ってくれた展覧会でした。

 展覧会情報

内田ユイ|Yui Uchida

CEL CULTURE

会期:2021年6月29日〜7月8日
会場:MEDEL GALLERY SHU(〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-1-1 帝国ホテルプラザ2F)

※詳細はギャラリーのWEBサイトをご覧ください

-ARTIST, BLOG, RECCOMEND, 展覧会
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

\開幕!生命の庭 −8人の現代作家が見つけた小宇宙@東京都庭園美術館/

東京都庭園美術館のアプローチは最高に気持ちがいい。 8月。夏盛りのある日。正門をくぐり、ふと上を向くと青々とした木々の葉の隙間を太陽の光が通り抜け、生きとし生けるものを祝福するかのようにキラキラと輝い …

\選者紹介④ 朔北社さん、LIBRISさん、&本屋しゃん:ビジネス&カルチャーブック『tattva』創刊記念ブックフェア@BOOKSHOP TRAVELLER/

下北沢の本屋さん BOOKSHOP TRAVELLERで開催中の「ビジネス&カルチャーブック『tattva』創刊記念ブックフェア − BOOKSHOP TRAVELLER の店主たちが選ぶ『なやむをな …

\絵本作家・はらぺこめがね と音楽家・西井夕紀子 セッション!「お腹いっぱい愛いっぱいXmasライブペインティング」@銀座 蔦屋書店 アーカイヴ動画/

銀座 蔦屋書店さんの2020年のクリスマスイベント絵本作家・はらぺこめがね と音楽家・西井夕紀子 セッション!「お腹いっぱい愛いっぱいXmasライブペインティング」の企画・コーディネートをしました。銀 …

\立春。さくらの蕾がほころんで、『うさぎのくれたバレーシューズ』のページをめくる/

2021年2月3日、今日は立春。 立春は、紀元前の中国で生まれた「二十四節気」という太陽の動きに基づいた暦において、春のはじまり、そして1年のはじまりとされている日。 春が立つ。背筋がしゃんとする言葉 …

\日々に生きづく“美”/

八燿堂の岡澤浩太郎さんが編集・発行をされている『mahora』創刊号が千葉市美術館のミュージアムショップ 「BATICA」 に仲間入りしました。 『mahora』は第3号まで発行されているのですが(2 …