本屋しゃんのほーむぺーじ

本好きとアート好きはきっと繋がることができると思うの。

ARTIST BATICA WORKS 小瀬古智之 選書

\この世界には「擬態」という好奇心がたくさんあなたを待っている/

投稿日:2020-09-20 更新日:

擬態デザイン家・小瀬古智之さん「デザインの力で『もの』に潜む擬態を可視化する」をテーマにしたアートブックマガジン「gitai」が千葉市美術館のミュージアムショップBATICAに仲間入しました!

一見するとハム、肉、年輪、鍵……ですが。
ねえ、何か見えてきません?
何かに見えてきません?

ね。じっくりこの本を見ると


「あっ!!!」

ってなるでしょう?

例えば、このTHE ハム。
実は、地球をはじめとする惑星なのです。
ほら、これはヨーロッパだし、こちらはアフリカ大陸。


惑星がハムに擬態しているのか。
ハムが本当は宇宙の縮図なのか。


お家の冷蔵庫にあるハムは何の惑星かしら。

「gitai」シリーズの「擬態」とは、きっと特別なことじゃなくて、日々の生活や暮らしの中での「発見」や「好奇心」と翻訳することができるかもしれません。。

本屋しゃんがはじめて小瀬古さんの作品に触れた時、このシリーズは、凝り固まった頭がほぐれて、この世界と柔軟に接することができるようだ!!と心踊りました。まだまだ見えてない、気づいていない世界が隠れているかも!という好奇心とともに。

美術館に行くと、さまざまな作品からたくさんの発見や問い、感動がわきおこりますよね。「gitai」シリーズはまさに、そんな体験が待っていると思います。

本好きな人にもアート好きな人にもぜひ手にとっていただきたい一冊です。

「gitai」について

「擬態」をデザインするアートブックマガジン

gitaiは、擬態デザイン家・小瀬古智之による実験的アートブックマガジンで、「デザインの力で『もの』に潜む擬態を可視化する」をテーマに不定期に発行。

生物の擬態が私達の眼に驚きをもたらすように、日常的に私たちが眼にするものに潜む「ハッとする何か」を発掘し、その成果をグラフ誌のように視覚的に発信・共有しています。



小瀬古智之/Tomoyuki Koseki

擬態デザイン家。武蔵野美術大学大学院修了後、2016年より国内外のアートブックフェアや展示を通して成果を発表している。直近の展示に個展「物的擬態(蘇州 forest books,2018)」二人展「fictional landscape(台北 田園城市生活風格書店,2019)」「ハムの天文学(大阪 ART Lab OMM/PLANT, 2020)」など。

https://koseko.stores.jp/

展覧会情報

千葉市美術館拡張リニューアルオープン・開館25周年記念

宮島達男 クロニクル 1995−2020

会期:2020年9月19日[土] – 12月13日[日]
処:千葉市美術館詳細は展覧会WEBサイトをご覧ください

https://www.ccma-net.jp/exhibitions/special/tatsuo-miyajima/





-ARTIST, BATICA, WORKS, 小瀬古智之, 選書
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

\BOOK LOVER’S HOLIDAY! #20に出店しますー5月28日@下北沢 BONUS TRACK/

下北沢のBONUS TRACKさんで月に一度開催されている、本のマーケット「BOOK LOVER’S HOLIDAY!」。今月は、2022年5月28日(土)&5月29日(日)に開催されます。なんと第2 …

\選者紹介② 花ちゃん文庫さん、やまね洞さん、まるいっこさん :ビジネス&カルチャーブック『tattva』創刊記念ブックフェア@BOOKSHOP TRAVELLER/

下北沢の本屋さん BOOKSHOP TRAVELLERで開催中の「ビジネス&カルチャーブック『tattva』創刊記念ブックフェア − BOOKSHOP TRAVELLER の店主たちが選ぶ『なやむをな …

\【archival movie created by MEGUMI MASUKO】出張!本屋しゃんの本屋さん feat.吉田和夏@BOOK LOVER’S HOLIDAY #5/

2021年3月20日にBONUS TRACKにて開催されたBOOK LOVER’S HOLIDAY #5にお越しいただいたみなさま、応援してくださったみなさま、主催者のみなさま、とってもあ …

\入荷しました!「アートこそが唯一社会にイメージをつきかえすことができる」という想いが込められた一冊『DISNY ART 』岡本光博・福田美蘭ほか/

こんにちは!いつも本屋しゃんのブログを読んでいただきありがとうございます。 今日は7月9日。四万六千日の縁日ですね。浅草のほおずき市に行ってみたいなと思う本屋しゃんです。先日、三遊亭ぐんまさんのひとり …

\このまま飲み込まれてしまうんだ、わたし。:VOCA展2021-現代美術の展望─新しい平面の作家たち─@上野の森美術館~2021/3/30/

ソメイヨシノもちらほらとほころびはじめて、ぼんぼりが設置されはじめていた上野公園。今年の春はのんびりゆっくりお花見はできないけれど、桜を愛でたいという気配は変わらず漂い、心を穏やかにしてくれる。そんな …