本屋しゃんのほーむぺーじ

本好きとアート好きはきっと繋がることができると思うの。

ARTIST bookshoptraveller 境貴雄 本/ZINE

\アズキは甘くておいしいだけじゃない/

投稿日:2020-09-07 更新日:

本屋しゃんは、クリーム?あんこ?どっちが好き?と聞かれたら、迷うことなく「あんこ」です。

洋菓子?和菓子?と聞かれたら、迷うことなく「和菓子」です。

新潟名物 笹団子


新潟の笹団子はもちろん、年に一度、お正月の時期に花びら餅をいただくのがとーーーっても楽しみ。あんこと和菓子は、本屋しゃんを胃袋から幸せにしてくれます。美しい見た目も相まって。


そんな、あんこの元の姿「あずき」をファッショナブルに着こなす人たちがいることをご存知ですか??その名も「アズラー」!アズキのヒゲを楽しむおしゃれな人たちのことよ。ほら、アムラーとか、シノラーとか、シャネラーとか言うじゃない?


アズラーは現代美術家 境貴雄さんのアートプロジェクトです。境さんが作られたアズキのヒゲの中から好きなものを選び、モデルさんと境さんが相談しながら撮影場所を決めて、境さんが写真を撮る。モデルは老若男女問わず、ほんとーにさまざま。はじまりは2007年で、すでに5000人以上のアズラーが誕生しているんだって!



本屋しゃんも、実は何度かアズラーになったことがあるのですが、撮影は楽しい楽しい。ほんとはね、写真を撮られることとか恥じらいがある本屋しゃんなのですが、アズラーになると、不思議なことに堂々としていられます。アズキのヒゲをつけて、街を歩くのってちょっと、気が引けそうじゃない? 否よ、否笑。周りの視線なんてなんのそのよ。恥じらいがゼロかって言ったらウソだけど、ちょっとした恥じらいがあってこそ、生々しい表情で撮ってもらえるのかもね。



境さんのアートプロジェクトに参加できているという幸せ感と、アズキのヒゲを纏うことで、むしろ自分をさらけ出すことができるカイカンさがあるのだと思う。あとは、境さんとの撮影時のおしゃべりがたのしいんだな。形に残るのは、写真作品だけど、撮影の道中、過程がまるっと作品なんだなってしみじみ思います。アズキは、魔除や厄払いとして食されてきたとのこと。不安が渦巻く現代に、アズラーになることに、意味があるかもしれません。



そんな境さんのはじめての作品集3種類は、本屋しゃんの本屋さんで販売中。下北沢のbookshop travellerのZINEコーナーでお待ちしておりまーす。

実は、本屋しゃんの話かかりし頃のアズラー姿も掲載していただいているの。探してみてくださ〜い



アズラーについて

日本では古来より、小豆は赤色という特徴から邪気を払う魔除けとしての役割を担い、幸福をもたらす食べ物として用いられてきた。

季節ごとに小豆を用いた和菓子を食べたり、祝い事で赤飯を炊くことも、幸福を祈願する意味がある。

小豆を髭に見立てたファッションAZURER(アズラー)は、国籍・人種・民族・宗教・ジェンダー・年齢・職業を問わず、様々な人たちがモデルとして参加し、現代における「魔除けの肖像」として、差別や暴力のない平和な世界への祈りが込められている。

境 貴雄 / AZURER(アズラー) ディレクター

アズラー公式WEBサイト「statement」より

https://azurerofficial.tumblr.com/

BOOKSHOP TRAVELLERへ

下北沢駅中央口を出る→ピーコックの前を右に真っすぐ歩きます→突き当りまで歩きます→突き当たったら左に曲がりましょう→バロンデッセというカフェがあります→そのビルの3階です(バロンデッセの隣にはカレー屋さん、ビルの二階は古着屋さんというわくわくがいっぱいのビルです)。

155-0031
東京都世田谷区北沢2丁目30−11BALLOND’ESSAI ART GALLERY 3F 奥

営業日
月・火・金~日 12:00-20:00(木は一日店主がいるときのみ営業)

https://wakkyhr.wixsite.com/bookshoptraveller

Follow me!

-ARTIST, bookshoptraveller, 境貴雄, 本/ZINE
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

\階段をのぼると……そこは本屋さんでした/

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった」(川端康成『雪国』)。あまりにも有名な『雪国』の冒頭。本屋しゃんも、冬に、地元・新潟に帰省をする時、新幹線でトンネ …

\命吹き込まれる展覧会「生命の庭ー8人の現代作家が見つけた小宇宙」/ 

10月に入って、もう6日がたつのですね。美術館で作品制作作業を終え、外に出ると、あぁ日が短くなったなあと感じます。涼しいし、空気が澄んでいるから、作業後に深呼吸するのも気持ちいい。さてさて、東京都庭園 …

\開幕!生命の庭 −8人の現代作家が見つけた小宇宙@東京都庭園美術館/

東京都庭園美術館のアプローチは最高に気持ちがいい。 8月。夏盛りのある日。正門をくぐり、ふと上を向くと青々とした木々の葉の隙間を太陽の光が通り抜け、生きとし生けるものを祝福するかのようにキラキラと輝い …

\本屋しゃんオススメ展示:《個展情報》古賀学「Buoyancy|浮力」@六本木 〜9月26日/

現代美術家・古賀学さんの「水中ニーソ」は、モデルさんの美しさにほれぼれしちゃって、かわいいでいっぱーい、しあわせーって、正直そこに気を取られてしまいがちだった。そして、フェティッシュについてひたすら考 …

\この世界には「擬態」という好奇心がたくさんあなたを待っている/

擬態デザイン家・小瀬古智之さん「デザインの力で『もの』に潜む擬態を可視化する」をテーマにしたアートブックマガジン「gitai」が千葉市美術館のミュージアムショップBATICAに仲間入しました! 一見す …