BLOG RECCOMEND 展覧会

全方位に詩を感じる:「詩のありかに触れるささやかな試み」@日本近代文学館~2020年2月22日

投稿日:2020-02-01 更新日:

ふと、リビングにいけていたチューリップに目をむけると、ぱらぱらと花びらが落ちてきた。昨日まで、元気だったのに。
はかなさを感じながら、むしゃむしゃといつも通りバナナを頬張る。
むしゃむしゃと、である。この咀嚼は生きている証ね。

今日も、下北沢に行く。間借りして「本屋しゃんの本屋さん」を開いている、BOOK SHOP TRAVELLERに納品に行くため。「本屋しゃんの本屋さん」は一箱大の小さなほんやさんだけど、やはり「棚」は手入れをしないと死んでしまう。よくよく面倒をみることが大切だ。

幸いなことに、私が今住んでいる北千住から下北沢は、千代田線―小田急線の直通に乗れば、1本で行けてしまう。少々時間はかかるけど、好アクセスと言えるかもしれないね。無事納品をした後、井の頭線に乗り込み「駒場東大前」を目指す。わたしが上京してはじめ住んだ町は、吉祥寺だった。だから、通勤でもとってもお世話になったし、わたしの生活に寄り添った路線だったから、今でも、乗るとなんだか安心する。「駒場東大前」は急行が止まらない。駅名の通り、目の前は東大。

さて、時間がありません。駅からぴょこぴょこ小走りです。納品した分、ひいてきた本もあり、両手には本がいっぱい。本好きとしては「両手に本」なんて幸せなシチュエーションですが、小走りするのには向きません。ぴょこぴょこ、なんとか走ります。

目的地は「日本近代文学館」。
目的は冬季企画展「詩のありかに触れるささやかな試み」。
閉館は夕方4時30分。最終入館は4時。現在、3時50分。
ね、小走りしなくちゃでしょ。

なんとか、最終入館時間に間に合って、展示室に向かう。しかし、息は切れ切れ。ギリギリガール。

まず、展示室内の入口においてある白い「詩集」を、1冊手に取り進みま
す。詩集を片手に巡る展覧会。

展示は大きく「橋」「海」「道」「空」の4つのキーワードにで別れて、詩人の顔と、プロフィールと、詩が掲載されている本が展示してある。そこに「詩集◯◯ページ」って掲示してあるから、入口で手に取った詩集の、そのページを開くの。すると、その詩人が書いた詩が、そこには記されているのです。

顔を見て、
生い立ちに触れ、
本を開いて
詩を読む。


こんな顔の人が書いているんだ。
こんな生い立ちの人から、こんな詩が生まれるのか。

ただ、詩集を開き、紙の上の言葉と間に向き合うだけでなく、詩人のパーソナリティと個人史が重ね合わさって、詩が立ちあがってくる。すると、その詩が誕生した瞬間を感じられるような気さえしてきた。

パネルを見て、詩集を開き詩に触れるを繰り返していたら、詩を私が読んでいるんだけど、なんだか詩人が「語ってきている」ような感覚に陥った。
耳をすましているような、そんな気持ち。

さらに、展示を進むと、実際に詩人たちの朗読の音声が流れていた。
超貴重。まさに、ここでは声に耳をすます。ますます詩が体にこびりついてくる。

詩を読み、耳を澄まし、語りかけられ・・・全方位から詩を感じられるすばらしい展示でした。詩集を片手にめぐる展覧会。ぜひ体感していただきたいなあ。


この展示方法、体験はね、詩が好きな方、文学館という空間が好きな方はもちろんだけど、よく美術館に行くよ!インスタレーション作品が好きだよ!という方にもきっと響く展示!だと思った。文学とアートファンを展示方法によって繋げちゃう展示だと思う。

文学の展示って、パネル展示と原稿の展示が中心だと思うのだけど、これは、もう1回言うけど、全方位から詩を体感できる、文学の展示方法を考えるうえでも大きな1歩だ!!って、強く感じ

と、あつく語っている私ですが、この展示、明日で終わっちゃうんです!2月22日(土)で終わっちゃうのです。だけど、ぜひ、みなさんに見ていただきたくて、今こうして、書いています。すみません、やっぱりギリギリガール。

詩に全身を覆われて帰宅したら、チューリップの花びらがまた1枚落ちていた。春まだかなあって思ってるけど、春もすぐ終わっちゃうのかなあ。

今日は、詩を落とさないように、そっとお風呂に入ろう。


《関連情報》
冬季展示「詩のありかに触れるささやかな試み」
場所:日本近代文学館
期間:開催中〜2020年2月22日(土)
最寄駅:井の頭線・駒場東大前 徒歩7分
https://www.bungakukan.or.jp/cat-exhibition/cat-exh_current/12240/

-BLOG, RECCOMEND, 展覧会

執筆者:

関連記事

本屋しゃんの2023年のメモー1月編

twitterで投稿した内容をほぼそのままに「展覧会」「落語会」「本」の感想を一覧メモとしてまとめています。 1月1日笑福亭羽光 「年越し落語2022→2023」2022/12/31-2023/1/1 …

消えちゃったな

消えちゃったな。久しぶりにアクセスした、元勤務先の書店のWEBサイト。当時、わたしは勤務先の書店のWEB連載企画として、自分の名前を冠につけたブログを書いていた。内容は、わたしがおすすめする展覧会や本 …

\ここはどこ、わたしは誰。って、心地よく騙されてー古賀学 個展「JCT/ジャンクション」〜2021/7/17/

水の中を漂うニーソを履いた女の子たち。 不思議なフェティシズムがつまった作品は、 美術家・古賀学さんの代表作「水中ニーソ」。 古賀学さんはガンダムのロゴなどを手がけるデザイナーでもある一方、 …

企画展「WHO ARE WE 観察と発見の生物学ー国立科学博物館収蔵庫コレクション | Vol.01 哺乳類」 @国立科学博物館~2022/9/25

「私たちは 誰なのか」そんな問いかけからはじまった。みーんみーん。蝉が夏をかき混ぜている上野公園。一歩歩くだけで、暑いのなんのって。木の下で、思い思いに休んでいる人たちがいる。葉っぱの影がそれぞれの横 …

ボテロ展ーふくよかな魔法@ Bunkamura ザ・ミュージアム~2022/7/3

夏に溶け込みたくて、真っ赤なカシュクールワンピースを着る。腰できゅっとリボンを結ぶ。なかなかうまく蝶々を作ることができた。白い靴下に白いスニーカー。夏空の下、爽やかで軽い足取りでいられるように。SHI …