BATICA BLOG RECCOMEND WORKS ブックフェア 展覧会 本/ZINE 選書

\本でも楽しむ千葉市美術館の展覧会「新版画 進化系UKIYO-Eの美」~2022年11月3日/

投稿日:

千葉市美術館では2022年9月14日~11月3日に「新版画 進化系UKIYO-Eの美」展が開催されます。

このたびも、光栄なことに本屋しゃんは本展にあわせた選書&ブックフェアづくりを担当いたしました。ありがとうございます。毎回、展覧会にどうやって「本」で応えるか悩みながらも、「アートと本」をつなぐべく、みなさんの好奇心に寄り添い、その好奇心を深堀したり思わぬ方向に広げたりしていただけるように選書をしています。

ところで、新版画とは?

江戸時代に目覚ましい進化を遂げた浮世絵版画の技と美意識を継承すべく、大正初年から昭和のはじめにかけて興隆したジャンルです。伝統的な彫りや摺りの技術に、同時代の画家による清新な表現を合わせようとした版元・渡邊庄三郎(1885-1962)の試みに始まりますが、昭和に入っていくつもの版元が参入し、大きな流れとなりました。

千葉市美術館 公式サイト「新版画 進化系UKIYO-Eの美」概要より

わたしが書店に勤めていた頃、日本美術の棚を担当していました。縄文時代から現代まで、びゅー--んと。日々、出版社さんから、すてきな本をご紹介いただいてとても幸せだったのですが、あるころから、「吉田博」「川瀬巴水」をはじめ、新版画に関連する本が増えたなと、その人気を肌を通じて感じていました。しかし、なるほど、彼らの作品をひとたび見れば、人気の理由もおのずとわかってきます。浮世絵で培われた素晴らしい彫りと刷りの技術と、気鋭の画家たちの化学反応は、ノスタルジックな気持ちを揺さぶりながらも、スタイリッシュで、時代に溶け込む心地よさがあります。さらに、新版画の作品の多くは、デザイン性に富んでいるように感じます。

今回の選書では、展覧会の出品作家の画集を中心に、新版画が興隆した大正から昭和の時代背景を学ぶことができる本を選びました。いやはや、それにしても新版画の画集は美しい装丁が多いですね。傍らに置いておきたくなる本がたくさんです。新版画はスタイリッシュでデザイン性に富んでいると感じたといいましたが、そんな点が、本との相性が良いのかもしれませんね。

ぜひ、展覧会のあとは、ミュージアムショップ BATICAにもお立ち寄りいただき、展覧会での感動を広げたり、深めたりしていただけたら幸せです。

『東京人』さんが新版画特集! 寄席特集もよかったなあ。
明治の浮世絵師 小林清親、そして最後の新版画と呼ばれる笠松紫浪。清親は、江戸時代の浮世絵版画と新版画をつなぐ重要な存在。

小原古邨の画集がずらり。師である、鈴木華邨、そして華邨と同門の渡辺省亭の画集も共に。

大正や昭和を知る。
グッズもたくさん! ミュージアムグッズは好きな作品を近くに置いておけるから嬉しいですよね!本展にあわせたBATICAオリジナルグッズもあるので、ぜひ。おみやげに、プレゼントにも。
千葉市美術館1階のBATICAをよろしくお願いいたします^^

展覧会情報

新版画 進化系UKIYO-Eの美
会期:2022年9月14日[水] – 11月3日[木・祝]
処:千葉市美術館
※詳細は美術館のホームページをご覧ください
https://www.ccma-net.jp/exhibitions/special/22-9-14-11-3/

-BATICA, BLOG, RECCOMEND, WORKS, ブックフェア, 展覧会, 本/ZINE, 選書
-, , ,

執筆者:

関連記事

\かける魔法で毎日がもっと楽しくおいしくな〜〜〜る-はらぺこめがね 絵本『かける』(佼成出版社)(勝手に選書付)/

『へんなおでん』に出会ったのは、北千住に引っ越してから間もない頃。今から数年前。早く街に馴染みたいなあと、毎日のように散歩をして下町らしい細く入り組んだ道を戸惑いながらも楽しんでいました。下町迷子もい …

\立春。さくらの蕾がほころんで、『うさぎのくれたバレーシューズ』のページをめくる/

2021年2月3日、今日は立春。 立春は、紀元前の中国で生まれた「二十四節気」という太陽の動きに基づいた暦において、春のはじまり、そして1年のはじまりとされている日。 春が立つ。背筋がしゃんとする言葉 …

\オンラインストア「本屋しゃんのお店」で使える5%OFFクーポン配布中。12/7〜12/25まで/

アートやイラストレーションのZINEや新潟発の本を発信する「本屋しゃんの本屋さん 」のオンラインストア「本屋しゃんのお店」で使える5%OFFクーポンを配布中です!ぜひ、ご利用、ご活用ください。 ホリデ …

【2022.8.1Podcast出演】木星社Podcast番組「Thursday – Vocalizing Emotions」98分!夏休みスペシャル

チン。確かにエレベーターはわたしの目の前に到着しているはずなのだが、ドアが開かない。集合場所は4階。まあ、階段を使ってもいいのだけど…とエレベーターの横に目をそらすと「手で開けてください」と小さく張り …

消えちゃったな

消えちゃったな。久しぶりにアクセスした、元勤務先の書店のWEBサイト。当時、わたしは勤務先の書店のWEB連載企画として、自分の名前を冠につけたブログを書いていた。内容は、わたしがおすすめする展覧会や本 …