わたしたちの南方熊楠 企画記事

【企画記事】手紙2:中村翔子さまへ「出会いとつながりを生む『街灯りとしての本屋』」一條宣好より(2020年1月8日)

投稿日:2023-01-26 更新日:

中村翔子さま

1月20日(月)
お便りありがとうございました。

中村さんが山梨県甲斐市の敷島書房を訪ねてくださった日から、もう二か月になるのですね。遠方からお訪ねいただいて、本当に嬉しかったです。南方熊楠と本に導かれて知り合った、なんて言ったら恰好つけていると思われてしまうかな?でも、そう表現するのがいちばん適切でしょう。

はじまりはTwitterでした。中村さん( @shokoootake )も私( @jack1972frost )もTwitterのアカウントを持っているという偶然がありました。前のお便りの中で「超パワースポット的」と印象的な表現をされていた書店ガイド『街灯りとしての本屋』(雷鳥社)。中村さんが読後感のつぶやきの中で、同書で取材されていた敷島書房にも触れてくださっているのを眼にしました。私が博物学者・南方熊楠の大ファンである点に反応してくれていて「ああ、ここに同志がいた!」と感激。すぐに相互フォローとなり、私たちの直接の交流が生まれたのでした。距離が離れていても、それを飛び越えてつながりを得ることができるSNS。その恩恵を改めて強く感じます。

実は、敷島書房が『街灯りとしての本屋』で取材していただくことになったきっかけもSNSにあります。あれは2016年の春先、敷島書房がTwitterを始めてまもなくのことでした。タイムラインに流れてきた蔵前の「H.A.Bookstore」( @koya_books )さんのつぶやきで書店イベント「百書店の本屋祭」への参加募集を知ったのです。「あなたの店で10冊だけ売るとしたら、どんな本を選ぶか」という魅力的な問いかけで各自の選書リストを募り、都内の会場にて展示販売する企画でした。

画像1
2016年開催の「本のフェス」フライヤーと
「百書店の本屋祭」冊子

画像3
「本のフェス」フライヤー裏面

このイベントに参加したご縁で「H.A.Bookstore」店長の松井祐輔さん、赤坂にある「双子のライオン堂」の竹田信弥さんと知り合いました。どちらのお店も『街灯りとしての本屋』で紹介されており、本の成り立ち自体にもお二人が深く関わっていますね。以前からのやりとりで、本と本屋に対する私の想い、南方熊楠研究会に入って勉強していることなどをお二人に伝えていました。そんな経緯で、刊行計画を立てるとき取材する店舗の候補に入ったようです。

ところで、中村さんはなぜ南方熊楠に関心を持ったのですか?日本史で習うわけでもなく、誰でも知っているという名前でもないので、どんなきっかけがあったのか気になります!

暖冬だと言われますが、ここ数日は山梨でも朝夕の冷え込みが厳しいです。でも、今回のお便りを書きながら人と人、本と人との結びつきを想い、じんわりとこころが温まるのを感じました。そんな機会を与えてくれた中村さんに感謝です。引き続きよろしくお願いします。

                            

一條宣好

画像2
「百書店の本屋祭」冊子、敷島書房のページ。

【往復書簡メンバープロフィール】

一條宣好(いちじょう・のぶよし)
敷島書房店主、郷土史研究家。
1972年山梨生まれ。小書店を営む両親のもとで手伝いをしながら成長。幼少時に体験した民話絵本の読み聞かせで昔話に興味を持ち、学生時代は民俗学を専攻。卒業後は都内での書店勤務を経て、2008年故郷へ戻り店を受け継ぐ。山梨郷土研究会、南方熊楠研究会などに所属。書店経営のかたわら郷土史や南方熊楠に関する研究、執筆を行っている。読んで書いて考えて、明日へ向かって生きていきたいと願う。ボブ・ディランを愛聴。https://twitter.com/jack1972frost

本屋しゃん似顔絵

中村翔子(なかむら・しょうこ)
本屋しゃん/フリーランス企画家

1987年新潟生まれ。「本好きとアート好きと落語好きって繋がれると思うの」。そんな思いを軸に、さまざまな文化や好きを「つなぐ」企画や選書をしかける。書店と図書館でイベント企画・アートコンシェルジュ・広報を経て2019年春に「本屋しゃん」宣言。千葉市美術館 ミュージアムショップ BATICAの本棚担当、季刊誌『tattva』トリメガ研究所連載担当、谷中の旅館 澤の屋でのアートプロジェクト企画、落語会の企画など、ジャンルを越えて奮闘中。下北沢のBOOKSHOP TRAVELLRとECで「本屋しゃんの本屋さん」運営中。新潟出身、落語好き、バナナが大好き。https://twitter.com/shokoootake


【2人をつないだ本】

『街灯りとしての本屋―11書店に聞く、お店のはじめ方・つづけ方』
著:田中佳祐
構成:竹田信哉
出版社:雷鳥社
http://www.raichosha.co.jp/bcitylight/index

※この往復書簡は2020年2月1日からメディアプラットフォーム「note」で連載していましたが、2023年1月18日より本屋しゃんのほーむぺーじ「企画記事」に移転しました。よろしくお願い致します。

-わたしたちの南方熊楠, 企画記事
-, ,

執筆者:

関連記事

\入荷しました! ポストコロナのビジネス&カルチャーブック『tattva』vol.2 特集:にほんてき、ってなんだ/

太陽がギラギラで、すっかり夏!ですね。11月生まれの本屋しゃんですが、夏が好きです。飾らず、真っ裸でいることができる季節、それが夏だと感じています。 遡ること、今年の春。 2021年4月。ポストコロナ …

\往復書簡「わたしたちの南方熊楠」のお返事を書きました。2021年はじめてのお手紙/

2020年2月1日に山梨の甲斐市の本屋さん「敷島書房」の一條宣好さんと文通をはじめました。テーマは南方熊楠(みなかたくまぐす)。早いものでもう直ぐ1年が経とうとしているのですね。お互いの良いタイミング …

笑福亭羽光 越後道中記ー3

2022年。田んぼにピンと水が張られ、青くて若い稲の苗が美しく整列している。これから来る夏を予感させる景色。そんな季節の新潟で、笑福亭羽光師匠の落語会が2つ開催された。 6月12日(日)今時書店落語会 …

\本屋しゃんのお店に新しく仲間入り!『塔を下から組むー北海道百年記念塔に関するドローイング展 記録冊子』/

『塔を下から組むー北海道百年記念塔に関するドローイング展 記録冊子』が本屋しゃんのお店に新しく仲間入りをしました。 「塔を下から組むー北海道百年記念塔に関するドローイング展」とは、2018年11月1日 …

【企画記事】手紙3:一條宣好さまへ「強烈な教授のあの講義ではじめて熊楠と出会いました」中村翔子より2020年2月5日)

一條宣好さま 2020年2月5日(水)外はどうやらあたたかくて気持ち良さそうな天気の東京です。床に伏せているわたしは、窓から見える青空に恋しさとともに歯痒さを感じています。 こんにちは。寒中お見舞い申 …