BLOG bookshoptraveller NEWS STORE

祝移転☆本屋のアンテナショップ「BOOKSHOP TRAVELLER」祖師ヶ谷大蔵・ウルトラマン商店街へ!シュワッチ!

投稿日:

BOOKSHOP TRAVELLER(BST)のひと棚を借りて小さな小さな本屋さん「本屋しゃんの本屋さん」をはじめたのは2019年のこと。
BSTが下北沢のAnthrop Cafe内にあったころです。

書店&図書館勤務を経て在野で活動をしはじめたけど、なんだか寂しい。
何が寂しいって、至極単純で、本がまわりに無いこと、本を毎日触ることができないこと、棚を耕せないこと。想像以上に寂しかったのです。

そんな時に出会ったのが、本屋のアンテナショップ「BOOKSHOP TRAVELLER」のひと箱店主制度でした。
誰でも「ひと箱」の本屋さんの店主になることができる。実店舗がある人はもちろん、イベント出店を中心にしている無店舗書店、インターネット書店、さらに作家、zine/リトルプレスの著者、出版社、ブックカバー作家など本に関わるすべての人を広義に「本屋」と捉える、店主・和氣さんの考え方に共鳴しました。すぐに和氣さんいコンタクトをとり、お店に伺うことに。書店・図書館をやめたわたしは一気に無力になってしまったような気持ちにも襲われたのですが、和氣さんは、わたしのことも「本屋」としてあたたかく迎えてくれました。

すぐに「ひと箱」をお借りすることを決めて、「本好きにもアート好きにも突き刺さる本」をコンセプトに「本屋しゃんの本屋さん」の運営をはじめ、牛木匡憲さんの似顔絵会、南方熊楠に関するトーク、下北沢・北澤ビル3Fに移転後には『tattva』創刊ブックフェアや秋山あいさんの個展など、本を販売するだけでなく、いろいろな企画を開催させていただきました。和氣さんと一緒にネットラジオでお話したりもしたなあ。

「本好きとアート好き(今はここに落語が加わっているけれど)」をつなげたいという想い。
書店勤務時代には、その想いを土台に、トークイベントやレクチャー、ワークショップ、上映会などなどいろんなイベントを仕掛けて開催してきて、人・文化が集まる場所、つながる場所を作ることの必要性と大切さ、
そして個人的にこの仕事が好き!と思っていました。今は一か所のみだけど、在野になってみろんな場所と人をつなげたい!と決めて「本屋しゃん」と名乗りはじめたのです(それとほぼ同時にコロナ禍に見舞われたのですが…)。

そしてもうひとつ。在野になっても、イベントだけでなく、「本」を介して、本好きとアート好きをつなげることも続けていきたいと思っていました。書店員時代は一般流通していないZINEや展覧会の図録のバイヤーもしていたのですが、そこで出会った本たちは、心底おすすめしたい! 知ってほしい! と思うものばかり。だから、書店をやめてもその魅力を発信し続けたいと考えていました。

この二つの想いを、BSTではたくさん形にすることができて、ありがとうが溢れているわけなのですが……
そんなBOOKSHOP TRAVELLERが、2023年4月に下北沢から祖師ヶ谷大蔵・ウルトラマン商店街に移転しました!!
5軒長屋のひとつ、二階建ての店舗です。和氣さんを筆頭に棚主のみなさんで力をわせてリノベ、そして下北沢からの在庫移動などをする、BSTのチーム力を発揮した移転です(本屋しゃんは微塵も手伝えていません;;)。

大きなガラス張りから店舗の中が見え、本屋さんの世界と町が地続きのように溶け合って見えます。
中に入ると、たくさんの「ひと箱本屋」さんがようこそ~と迎えてくれます。ひと箱ずつ、コンセプトや扱っている本の種類が異なるので、まさに「トラベラー」になった気分で、いろいろな本屋さんを旅できます。最近は棚貸形態の本屋さんが増えてきているように感じますが、BSTに軒を連ねる本屋さんの個性豊かさにはひときわ驚かされます。一癖も二癖もある。そして、棚主のみなさま、本と本屋さんへの愛が深い。場所は変わっても、BSTに関わっている人のおもしろさは健在、いやむしろお店に呼応してパワーアップしているかも。

二階はギャラリースペース。なんとテラスもあって、爽やかな風が入りこんで、とても気持ちがいいです。

引き続き「本屋しゃんの本屋さん」も、新生BSTで、「本好きとアート好きと落語好き」が楽しめる本やイベントを展開させていただき、みんなの「好き」がつながるきっかけを作っていきたいなと思います。

BSTが位置するウルトラマン商店街には素敵なお店がたくさんあるので、ぜひ、祖師ヶ谷大蔵ごとたのしんでください~い。


では、シュワッチ!

BOOKSHOP TRAVELLER

世田谷区祖師谷1-9-14

月・木~日 12時-19時
https://traveller.bookshop-lover.com

BOOKSHOP RADIO

【関連情報】BOOKSHOP TRAVELLER落語会

本好きによる本好きのための、SF好きによるSF好きのための落語会です。
本好きなみなさま、SF好きなみなさま、落語好きなみなさま、ぜひSFの世界を一緒に旅しましょう!

BOOKSHOP TRAVELLER落語会
笑福亭羽光  「SFトラベラー」

開催日:2023年6月16日(金)
時間:19:45開場、20:00開演
会場:BOOKSHOP TRAVELLER

参加費:2500円(税込) ※事前予約制


-BLOG, bookshoptraveller, NEWS, STORE
-, , ,

執筆者:

関連記事

\アーティストを支える仕事:山口啓介「カセットプラント」/

本屋しゃんはどんなお仕事をしているの?とよく聞いていただけるのですが、「本とアート」を繋げ、溶け合わせ、この世界って楽しんだ!!と感じていただけるきっかけを作りたいになりたいという想いを軸に活動してい …

\所謂「履歴書」ではない。『履歴書籍ー本屋さんの履歴書編』彗星読書倶楽部+本屋しゃん@第34回文学フリマ東京 5/29/

今まで履歴書を何回書いてきただろうか。何人の人が、私の履歴書を読んだだろうか。そこからどれだけのご縁が生まれただろうか。破り捨てられたことも、あったかもしれない。「履歴書籍」は、正規の履歴書には書きき …

\メディア掲載一覧 落語とお粥でおつかれさま「おつかれゆかい」三遊亭らっ好 編ー長崎ごはん@(仮称)コーミンカン!/

落語とお粥でおつかれさま「おつかれゆかい」三遊亭らっ好 編をご紹介いただいたメディア様をご紹介させていただきます。ご掲載・ご紹介いただき心より感謝です。改めて御礼申し上げます。 ※順不同 ※2023年 …

\「外の目で中から見る日本」−Erica Ward Solo Exhibition@Atelier485 柴又〜2021年6月20日/

アーティスト エリカ・ワードさんとの出会いは、わたしがエリカさんの作品集『路線図色』に惚れ込んだことがきっかけでした。 本書は、銀座線、丸ノ内線、日比谷線、東西線、浅草線……など、東京の生活で欠かすこ …

アフターアフター10.12

想像したことありますか?人間がいなくなった世界。

2018年10月12日。 ソウルにのアートスペース「Audio VisualPavilion」で展示《アフター・10.12》展が開催された。リレー式の企画《3X3》の2番目。 韓国で批評活動を続けてい …