TRiPの人たちーあお馬・晃・本屋しゃん 企画記事 落語会

TRiPの人たちー本屋しゃん#06 虹かかる空

投稿日:2023-08-31 更新日:

なんと8月も最終日! まだまだ暑い日が続きますが、夜道を歩いていると秋の虫が鳴いていて、風もそっと涼やかで、ああ、秋も近いですね。

今年の夏はたくさん虹を見ました。 もともと空をぼんやり眺めるのが好きですが、TRiPの第2回目で「空」をテーマにしてから、ますますいろんな空の表情が気になるようになったなあと思っています。「虹」がかかる空を描いた浮世絵も渡邉さんが紹介してくれていましたね。そう考えると、時代を越えても、空の美しさや不思議さに心奪われていたんだなあと感じます。TRiPでの体験を通じて、この世界を見る時の解像度があがったり、新しい視点が生まれたり、そんなきっかけにつながると嬉しいです。

これはジョギングしていた時。太陽の周りに出ていた虹のわっか。ハロ。

こちらは谷中にかかっていた虹。三遊亭圓朝コレクション幽霊画展を見て全生庵を出たところで。

そして、飛行機からも虹が見えました。福岡からの帰路。

そしてそして、飛行機から降りても!

虹を見るといいことあるとか、そんなジンクスないかな~笑。

そろそろ、次回のTRiPのご案内ができるはず。
お楽しみに!

(文・本屋しゃん)

【プロフィール】
本屋しゃん(ほんやしゃん)

「本好きとアート好きと落語好きって繋がれると思うの」。そんな想いのもと、さまざまな文化や人や好きという気持ちを「つなぐ」企画を。展覧会/ブックフェア/落語会企画、執筆等。ジャンルを越えて奮闘中。新潟出身、北千住住。バナナ、日本酒が好き。

twitter: https://twitter.com/honyashan
instagram: https://www.instagram.com/honyashan/

【TRiPの人たちとは】

「TRiP」は、柳家あお馬(落語家)、渡邉晃(太田記念美術館 学芸員)、本屋しゃんの3人が作る「落語と浮世絵が出会う落語会」の名前であり、チーム名です。それぞれ活動するフィールドは違えど、「落語と浮世絵」をジャンルを横断することでもっと楽しんでほしい! そして、双方の魅力を広げたい! という想いのもとチームを結成しました。「TRiPの人たち」では、あお馬、晃、本屋しゃんが一体どんな人なのか、普段はどんなことをしているのかなど、メンバー三人のそれぞれの活動やなんでもない日常をお届けしていきます。TRiPをもっと楽しんでいただくための、ふりかけのような、そんなブログです。

【これまでのTRiP】

-TRiPの人たちーあお馬・晃・本屋しゃん, 企画記事, 落語会
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

[YouTubeラジオ]笑福亭羽光+本屋しゃん「年越し落語会を語る」☆一年の締めくくりの年越し落語会笑福亭羽光「長屋の年越し」 2023→2024 @ザルツ北千住

笑福亭羽光師匠の2023→2024年越し落語会「長屋の年越し」の開催に向けて、羽光師匠に年越し落語会を開催する想いをお話しいただきました。「長屋の年越し」とは? 一体どんな会になるの? そもそもなぜ、 …

【企画記事】手紙8:一條宣好さま「わたしが生まれ育った土地を描いた絵葉書にびっくり!」中村翔子より(2020年3月17日)

※この手紙は、一條さんから2月19日にいただいたお手紙「敷島書房、50周年の記念です」へのお返事です。一條宣好さま 嗚呼・・・すっかりお返事が遅くなってしまいました。いつの間にやら3月も半ば。気づくと …

TRiPの人たちー柳家あお馬#08
噺家の習い事

噺家の習い事は様々です。笛や舞踊、小唄端唄を習っているという人も多いようです。 あお馬の習い事、その一つはヴォイスレッスン。歌や発声を習ってます。 きっかけは落語の演目『野ざらし』に出てくるさいさい節 …

【企画記事】手紙16:中村翔子さま「南方熊楠をめぐって、まわりのあれこれが結びついていく幸福感」一條宣好より(2021年5月16日)

中村翔子さま 2021年5月16日(日) 中村さんから前回いただいたお手紙、これまで以上にたくさんの素敵ないろいろでいっぱいで…何度も何度も読み返しました。 https://note.com/embe …

TRiPの人たちー渡邉晃#02
「自転車熱」

 「TRiPの人たちー渡邉晃#01」でもお話したのですが、渡邉は「浮世絵と地形(高低差)というテーマでフィールドワークを続けています。年末に浮世絵と地形の本の出版をひかえていることもあり、今年は休みの …